サイトメニュー

躁うつ病とも呼ばれる病気

ウーマン

病気と自覚しない事もある

双極性障害は抑うつ状態とそう状態が交互に出る気分障害の一つで、以前は躁うつ病とも呼ばれていました。これは双極性?型障害と双極性?型障害に分けられます。?型は?型に比べて症状が重いのが特徴で比較的診断も容易です。それに比べて?型は症状も軽く、場合によっては抑うつ状態もそう状態も出ない場合もあります。そのため診断が難しく症状は軽いストレスのせいだと考えられて病気だと判断されない場合もあります。また双極性?型障害は患者本人も病気を疑うこともなく、症状は落ち込みやすい性格のためだと考えて病院にもいかないことも多くなっています。放置しておくと症状が進んで?型になってしまうこともあります。そのため異変に気づいたら、そのままにせずまずは病院で診察することが大切です。これは本人だけでなく家族や周りの人も本人の変化に気づいたら病院に行くよう勧めることも大事です。双極性障害はうつ状態のときは気分の落ち込みや慢性的疲労感、不眠などの症状が現れます。そう状態になるとそれが一転してハイテンションになり活動的になります。不眠状態になる人もいますがそれをモノともせず活動的になります。しかし集中力などが欠如し仕事も生活全般においてだらしなくなることも多くなっています。金銭感覚がなくなり金使いが荒くなる場合もあります。このうつ状態とそう状態は短時間で入れ替わる場合もあり、気分の移り変わりの激しい人だと思われがちです。病院での治療で完治しますが、再発することもあるので定期的に診察を受けることが大切です。双極性障害の治療は?型のような軽い場合は薬を使わず医師とのカウンセリングで回復する場合もあります。この病気を発症する原因は遺伝のほか性格や人間関係などが影響しています。医師はカウンセリングで物事を深刻にとらえる性格を自覚させ、前向きに考えるように導きます。これは認知行動療法と呼ばれ医師との信頼関係が大切な治療です。医師を信頼することでその言葉に耳を傾け患者が自分を変えていこうと努力するのです。そのほかにカウンセリングでは患者の対人関係や乱れた生活を改善するよう指導し、これらによって軽い双極性障害は改善します。しかし双極性?型のような重いうつ状態が出る場合は気分安定剤や向精神薬といった内服薬が処方されます。場合によっては一般的なうつ病と呼ばれる大うつ病性障害の治療に使われる抗うつ剤が投薬されることもあります。服薬は医師の指導によって行い、勝手に飲む量を変えたりやめたりしてはいけません。また症状が治まったからと言って服薬をやめては病気がぶり返す場合もあるので処方を守ることが大切です。病気が治っても再発の可能性が低いと確認できるまで長期間薬を服用することになります。治療は場合によっては2年以上続くこともありますが、あきらめずに治療を続けていこうという意思が大切です。これは本人だけでなく家族など周囲の人も支えてあげることが必要です。双極性障害を疑ったらまずは精神科か心療内科で診察を受けてみましょう。最近は精神科などと呼ばずに心のクリニックという名前の病院も多くなっています。精神科に行きづらいという人もこのような看板のクリニックなら比較的診察を受けやすいはずです。