サイトメニュー

看護師

治療の費用を知っておこう

双極性障害は躁とうつを繰り返す病気ですが、初期の症状はうつが強く出ることが多いので、医師も見極めが難しいこともあります。精神神経科の病院やクリニックでは、内服薬やカウンセリングなどの治療を行うことが多いです。

詳しく見る

ウーマン

躁うつ病とも呼ばれる病気

双極性障害は?型と比較的症状の軽い?型があります。これはうつ状態とそう状態が交互に出る病気で、軽い場合は病気だと認識できない場合もあります。治療はカウンセリングや服薬などで行い、完治してもしばらく続けられます。

詳しく見る

カウンセリング

真逆の気分がでる病気

うつ状態や躁状態があるため双極性障害を疑っていたり、他者に指摘されたりしたことがあるのなら、精神科の診察を受ける必要があります。その場合は、ガラガラのところよりも、ある程度は予約が取りにくい医療施設を利用したほうが満足できるでしょう。

詳しく見る

躁状態は自覚が難しい

男性

診断には時間がかかりがち

双極性障害の初期症状は、抑うつ状態のみが現れる大うつ病との区別が困難です。意欲の低下や食欲不振・亢進、睡眠障害などを発症することが多く、これらは大うつ病にも双極性障害にも当てはまります。双極性障害の場合、抑うつ状態に加えて躁状態も交互に現れることが特徴です。が、躁状態を患者本人はただ調子がすこぶるいい時期と捉えがちで、病気の症状だと気付けないケースが多々あります。躁状態は短時間睡眠でも活発に動けたり、饒舌になって四六時中しゃべり続け周りを疲労困憊させてしまったりなど、とにかく元気よく見えるのが特徴です。軽い躁状態であれば仕事なども活発にこなせるため、よい結果を残せることもあります。が、そのまま気付けずに放置していると、躁状態が悪化し、人間関係など社会生活に支障をきたす可能性も出てきます。重篤化した躁状態になると途方もない借金を作ったり、自意識過剰で態度が大きくなったりするなど、人が変わったようになります。時としては入院が必要になることもありうる恐ろしい症状です。抑うつ状態の期間がある中で、途中で急に調子がよくなる時期が現れる場合は、双極性障害である可能性が非常に高いです。患者本人では気付かない可能性が高いので、周囲の人が異常を指摘してあげることが重要です。患者本人も、1日中そわそわして落ち着かなかったり、寝ていないのに疲れを感じない状態が数日続くようであったりすれば要注意です。また、躁状態はずっと続くわけではなく、いずれ抑うつ状態が訪れます。感情の高低差で心身ともに負担が大きいので、異変に気付いたらしっかり医師に報告しましょう。双極性障害は身体的な部分にも症状が大きく、カウンセリングのみで寛解できるようなタイプの病気ではありません。カウンセリングを含めた精神療法に加えて、精神安定剤や睡眠導入剤など、薬による治療をメインに行ないます。現れている症状によってその都度薬を処方するため、数種類の薬を一緒に服用することが多くあります。また、それに合わせ、抑うつ状態・躁状態のときに自分の身体にどういう変化が現れるのかを書き記す認知行動療法を用いることがあります。自分の行動パターンを自覚しておくことで、再発しそうなときや抑うつ状態から躁状態へ変換するときの対策を自ら練っておくことが可能になります。双極性障害の治療にあたって注意しなければいけないのは、処方された薬を自分の意思でやめたりしないことです。ほとんどの場合、薬を継続して服薬していれば、病状はある程度快方へ向かっていきます。症状が安定したことでもう治ったのではないかと感じ、薬を飲まなくなってしまう患者さんが少なからず存在します。しかし、精神安定剤の類は血中に溶け込んでいる薬の濃度を一定に保っていないと、何かの拍子で再発してしまったり、より強い症状がリバウンドしたりする場合があります。医師の診断なしに、勝手に服薬を止めることはしないようにしましょう。また、薬を飲み続けている際に身体に異変を感じたら、すぐに医師に相談しましょう。体質によっては副作用が現れるなど、身体に合わない薬も存在しますので、そのときは似た効果をもつ別の薬に変更してもらうことも可能です。

人気記事

看護師

治療の費用を知っておこう

双極性障害は躁とうつを繰り返す病気ですが、初期の症状はうつが強く出ることが多いので、医師も見極めが難しいこともあります。精神神経科の病院やクリニックでは、内服薬やカウンセリングなどの治療を行うことが多いです。

詳しく見る

ウーマン

躁うつ病とも呼ばれる病気

双極性障害は?型と比較的症状の軽い?型があります。これはうつ状態とそう状態が交互に出る病気で、軽い場合は病気だと認識できない場合もあります。治療はカウンセリングや服薬などで行い、完治してもしばらく続けられます。

詳しく見る

カウンセリング

真逆の気分がでる病気

うつ状態や躁状態があるため双極性障害を疑っていたり、他者に指摘されたりしたことがあるのなら、精神科の診察を受ける必要があります。その場合は、ガラガラのところよりも、ある程度は予約が取りにくい医療施設を利用したほうが満足できるでしょう。

詳しく見る